性能を表すCCAとは?

  世界が認めるのは、やはりOPTIMAだ!

   スターターバッテリー性能はCCAが決める!

           

 

EVレースカーで実証されるディープサイクルでありながら尚且つ

CCAが高く高瞬発力を発揮するのは世界でも唯一 AGMのOPTIMAだけ。

   

 

バッテリーの性能が容量(Ah)で決まると思っている人は  間違いである。既に、だまされている。

 

容量はあくまでキャパシティーであり、セルを回転させるパワー等は瞬発力の問題である。

その数値こそCCAなのです。CCAとはマイナス18度で30秒後に負荷をかけた電圧が

7.2V以上を条件に、最大何アンペア出力できるかである。

それがバッテリーの基本性能であり、 すなわちCCAの数値となります。

 

 

OPTIMAバッテリー

の内部構造

 

一般バッテリーの  

内部構造

 

CCAが高い理由は、極板構造がスパイラルの為、 合理的に広い極板面積が確保できる。

 

口の小さいビン

(内部抵抗が大きい)

 断面積が小さい程
 
 抵抗は大きくなる
 
  → 小出力

口の大きいビン
 
(内部抵抗が小さい)
 
 断面積が大きい程

 抵抗は小さくなる

  → 大出力

 

大口径のビンは中の燃料の爆発力が大きく、これと同様の理由で極板表面積が

大きい事は瞬発力が大きくなる根拠なのです。

 

 

オプティマの始動能力は驚異的に高く普通の液入りバッテリーの145G51クラスよりも1050Sでは上となります。
重建機用と同等以上!

 

通常の液入りバッテリーは構造上、大きく重い大容量のバッテリーでなければ、OPTIMAと同じ始動性能にはな らなかった。